のぼりってなーに?

のぼりの効果は絶大です

のぼりには国技館で掲げるような大型のものから個人商店の店先に出されている小型のものまでいくつもの種類があります。古臭いと思う人もあるようですが、実際は集客効果があることは確かです。風にははためく色とりどりののぼりがあるとお客さんの目に留まり、効果的です。商店の場合看板や店構えで何を扱っているかは分かりますが、すぐ近くまで行かないと見えないことが少なくありません。のぼりがあれば遠方からでも見つけやすく、特に車で来る人は良く見えて便利です。大きなショッピングセンターのようなところだとお目当てのショップの入り口が分かりずらいこともありますが、のぼりがあれば一目瞭然です。全国ネットのチェーン店のような場合には見慣れたのぼりでここにも馴染の店があるとすぐにわかって入ってみたくなるのも当然です。

イベントや季節ごとののぼりもあります

常設ののぼりの他にも、セールのお知らせや特設会場でのイベントのお知らせのためののぼりも効果的です。行こうと思う人が場所を知らないことも多いからです。広いグランドで多数の団体が参加してバザーを行ったときに、のぼりを用意していた団体の売り上げがダントツだったのは、やはりのぼりの効果があったからだと思われます。その他にも季節ごとに扱うものが変わるお店の場合にはのぼりは必要です。例えば夏はアイスクリーム、冬場は焼き芋を売っているお店では、それぞれの絵入りののぼりを出して今はこれがお勧めですということをアピールできます。お米屋さんならば新米入荷ののぼりを待っているお客さんがかなりいます。不動産屋さんのオープンハウスなどでも、のぼりを用意して今日は当日ですということを宣伝すれば、通りかかったのでついでに見ていこうというお客さんも来るそうです。やはりのぼりの宣伝効果は絶大です。