のぼりがあるとないとで客足はどれくらい違うのか

知っている店か知らない店か

のぼりを立てることで、そこに店があることを分かってもらえます。お客さんがあることを知らない店に入ることは難しいです。のぼりがあれば、何の店で何を売っているかを知ってもらえます。知っている店であっても、のぼりに売りが書いてあればそれを目当てに引き込むことができます。売り文句を上手にのぼりに書き込むことが大事です。大げさでなくても、売りについて上手に書きます。当たり前のことを書いてあっても、お客さんが目にしたら欲しいと思うかもしれないのです。のぼりは知られていないお店にとっては重要な広告宣伝になります。店の場所が分からないという人のための目印になるからです。知られていないというだけでお客さんは来なくなる可能性もあります。

のぼりを出すだけで認識してもらえる

のぼりはお店の位置を教えるだけでなく、何のお店なのかも分かります。売りの商品が何なのかをのぼりに出すと、そのお店の売りがすぐにわかります。商品だけでなく、タイムセールや期間セールの情報を出すことで近隣の人たちに認識してもらえます。普段なら来ないお客を取り込むいい機会になるのです。この情報はのぼりであれば、簡単に出すことができます。広告宣伝を難しく考えているなら、まずはのぼりを出すことから始めると良いでしょう。のぼりを見た人がお客さんになることがあるからです。ただし、誇大広告や嘘の広告は逆効果になるので注意が必要です。お客さんがきてがっかりするような情報はのぼりに載せない方が良いです。載せるのは正確な情報と誠実な姿勢です。